オダマキ (キンポウゲ科)  

どこから来たの?
春に塀の縁の砂利の中から顔を出しいたので、そのままにしていたら
こんな綺麗な花を咲かせてくれました。
a0073281_831568.jpg


a0073281_831198.jpg


我が家にはこのオダマキしか無かったので、大歓迎です。
a0073281_8322452.jpg

[PR]
by sumiko33m | 2010-06-06 08:40 | 庭の花 | Comments(4)
Commented by arisu at 2010-06-06 11:05 x
コンニチハ・・オダマキ綺麗に写しましたね
1枚目の写し方素敵です♪
いろんな種類の西洋オダマキが咲き出していますね
Commented by hoshigarasu2 at 2010-06-06 15:07
一番下が「ミヤマオダマキ」よ呼ばれるもののようです。
国産種では一番多い色です。
1と2はアクレイギア・・・・と呼ばれる西洋オダマキで背が高くなりそうですね。
Commented by sumiko33m at 2010-06-06 17:01
≫arisuさん こんにちは!
塀の縁でバックが悪くて上手く写せませんでした
>1枚目の写し方素敵です♪
有難うございます。
植えた覚えの無い花が咲いて喜んでいます。
Commented by sumiko33m at 2010-06-06 17:08
≫hoshigarasuさん こんにちは!
hoshigarasuさんは色んなオダマキを育てていましたね
>西洋オダマキで背が高くなりそうですね。
ハイ!高くなっています
これは小鳥のプレゼントか?風が運んできたのか
塀の縁の砂利の中で育っています。
秋には花畑へ移動しようと思っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 緊急着陸 ノビネチドリ (ラン科) >>